PARTESANIA

スペインのバスケットボールの現場と日本をつなぎます

初の男女共催 U17世界選手権をスペインで見る

   

これが世界標準 17歳以下の世界のプレー

男子16カ国192人の選手、女子16カ国192人の選手、計384人の世界の17歳の最高峰がスペインに集結、大会終盤の5日間で決勝、セミファイナル、クォーターファイナルを中心に強豪同士の対戦ばかりを観戦可能、もちろん白熱の順位決定戦も

日本からは女子U17アカツキファイブも参戦

2年に1度のU17世界選手権、日本女子は2014年大会で7位、2012年大会では4位など、今大会も期待大!

FIBAクリニック

大会公式のFIBAクリニックを受講できます

さらに独自手配のプライベートクリニックも

開催地スペインのバスケットボールを知るx学ぶ

サラゴサ開催の利点があります。現地ガイドのセルヒオがサラゴサ出身のため、コネクションをフル活用です。サラゴサがあるアラゴン州のアラゴン州協会の育成プログラムについて責任者にお話をうかがう場をセッティング、また地元プロチームのCAIサラゴサの育成チームの統括ディレクターの方との会談時間も設定します。

他にもサプライズゲストの可能性...

まだギリギリ間に合います!!

対象:18歳以上の指導者や選手
期間:6/27(月)夜日本出発の7/5日(火)夕方日本着

現地集合 または 成田からの参加の相談受け付けています。 → @el_baloncesto
お問い合わせページはこちらです

※スペインでの男女U17世界選手権は6/22に開幕しています、大会に合わせてクリニックや関係者とのミーティングで学びの機会!

 - ニュース